佐賀市久保田の歯科・歯医者はよしだ歯科クリニック 審美歯科・インプラント・レーザー治療に力を入れています。
お問い合わせ

佐賀の歯医者、審美歯科、インプラントのご相談は、よしだ歯科クリニックへ

二度と歯を削らない、歯を抜かないという気持ちを持っていただきたいのです。
自分ではチェックできないところを確認することが大切です。

「治療が済んだからハイ終わり!」というわけではありません。大事なことは終わった時のいい状態を継続することです。二度と歯を削らない、歯を抜かないという気持ちを持っていただきたいのです。そのためには定期的に受診し、悪くなっているところはないか、歯垢、歯石がたまってないか、義歯は安定しているか、など自分ではチェックできないところを確認することが大切です。

数か月後に来院してもらうと、どなたでも多少のチェックすべき箇所はあります。私も定期的に健診に行きます。細かいことは客観的に診てもらわないと自分では分かりづらいものです。
当院では、大人の方であれば歯垢歯石落としだけは進めさせていただきます。汚れの上やその中に歯周病やムシバの細菌が住み着いているので、歯垢歯石を落とすことで細菌の居場所をなくし、ひいてはお口の中の菌の数を減らすことにつながり予防することになります。子供さんならムシバの再発がないか、詰め物が外れてないか、歯磨きはきちんとできているかなどを確認します。

患者様に定期健診のことを説明するときに車を例に用います。車検を受けるとき、明らかに悪くなっている状態では受けませんよね。とくに問題なくても義務だから受けますよね。歯の健診も同じです。痛くなったら歯医者に行く、悪くなって歯医者を受診することは時代錯誤です。「どうもないけど来ました」「もし悪いところが見つかったら治療してください」「歯石を落としてください」というのが今の考え方です。

また歯医者は高い、と思われるかもしれません。ではなぜ高いのでしょうか?答えは簡単です。痛くなって(悪くなって)来院されるから高くなるのです。歯科の保険点数は悪くなって行う治療に対しては、高く設定されています。定期健診を受け、歯や歯肉を健全に保つことができていれば安くて済みますし、自分の歯でいつまでも噛むことだってできます。 
車もメンテナンスを受けていなければ、いざ故障したとき「修理代が結構高かった」とか聞きますよね。歯も車もその点で同じなのです。8020も夢ではありません。

また、お口の中を見て「なんでもうちょっと早く来てくれなかったのか」と私自身悲しくなる患者様をたまに診察します。そういう方は、どちらかというと若い方が多いようです。そういう患者様の中には、まじめに継続される方もいますが、痛みが取れると、また来られなくなることもよくあります。そして数か月たち痛みが再発し、受診されたときには、その歯がボロボロになって抜歯したことも何度となくありました。他にも抜歯すべき歯もたくさんあったりして、どうにかしてあげたいとよく思ったりもします。
なくして初めてその大事さがわかります。歯もその一つです。「早ようから歯医者ば受診せんばいかんやったー」とよく患者様が言われます。定期健診、予防処置がまさしくそれです。いつまでもおいしいものを噛んで食べて楽しめるように心がけていきましょう。

「歯が痛くなったから歯医者に行く」「ムシバで歯が悪くなっているので削りましょう」という考え方は
正直、時代錯誤です。
「歯を削ることのデメリット」、「歯の神経をとることのデメリット」、「歯を抜くことのデメリット」が叫ばれるようになり、できる限りそうならないようにしていく考え方を医療側、患者様側に求められるようになっています。それが「予防歯科」と言われています。

歯周病もムシバも細菌の感染によるものです。その細菌たちは「プラーク」と呼ばれる汚れの中に住み着いています。その汚れや歯石をしっかり落とすことで、細菌の数を減らすことが可能です。普通ブラッシングで落とせるプラーク量は、多少の個人差はありますが大体60%~70%だと言われています。ですから30~40%のプラークは、除去できずに残っているのです。プラークの周りには「バイオフィルム」という、粘り気の強いものがあり歯にこびりついていて、普通に磨いても落とせません。液体歯磨きでグチュグチュしてもほとんど落ちません。

そこで「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」(PMTC)という歯科医院で専門的に行うクリーニング方法を使ってプラークをきれいに除去していきます。PMTCによりコーヒーや茶渋、ヤニといった着色も薄いものであれば落とせます。3、4か月ごとに歯石除去やPMTCを行うことを是非お勧めします。