よしだ歯科クリニック

診療案内

虫歯

歯の断面磨き残した歯垢(プラーク)に細菌が繁殖し、食物の中の糖分を分解して酸を作ります。歯の一番外側にはエナメル質という硬いもので覆われていますが酸の力で溶けてしまいます。溶けた歯には細菌が進入しさらに拡大していきます。これが虫歯ということになります。虫歯が小さいと削って埋めるだけで終わりますが、進行が進むにつれて銀歯を入れるようになったり、神経を取らなければいけなくなったり、最悪の場合は抜歯ということになります。歯の表面が溶け出したばかりのときはフッ素を塗布することで再石灰化(要するに溶けた部分を自然に修復させること)を期待することができ削らずに住むこともあります。

 

歯周病は歯茎の病気だと思われがちですが、歯茎だけではなく骨の病気です。

歯の周りに磨き残しができるとそこに細菌が繁殖します。その細菌が出す毒素などにより歯の周りの骨が溶け、歯茎が腫れ、歯がぐらつき、悪化すれば歯が抜け落ちるという怖い病気です。歯磨きで出血したり、歯が動いたり、息が臭かったり、冷たいものでしみたりしませんか。
また最近では心筋梗塞や細菌性心内膜炎、糖尿病、呼吸器疾患などの全身疾患との関連も報告されています。

 

歯周病

 

矯正、審美、ホワイトニング

前歯や奥歯の歯並びやかみ合わせ、歯の色が気になる、という悩みは女性のものだけではありません。歯並びが悪いことを自覚していることが多いのですが、かみ合わせ(例えば出っ歯気味であるとか、受け口であるとか)については患者様で様々なようです。一般的にはそれぞれの歯に金具をつけてワイヤーできれいに並べていく方法になりますが、補助的にマウスピースなどの装置を用いて行うこともあります。

歯の色が気になることについては、かぶせ物できれいにする方法、ホワイトニングがあります。かぶせ物では保険で行う場合と保険外で行う場合があります。保険内では犬歯(糸切り歯)から犬歯までの前歯だけがプラスチックで作るようになります。但し時間が経つと変色してくる、色があせてくる、といった短所があります。保険外ではセラミックを使ったもので作ります。

前歯部には全体をセラミックで覆ったオールセラミックで、臼歯部では金属で裏打ちしたセラミックを用います。セラミックの特徴は変色しにくく、天然の歯(自分のもともとの歯)に近い色を作ることができることです。なるべく前歯に金属を裏打ちしたセラミックを使いたくないのは、歯茎との境目が黒く変色することがあるからです。オールセラミックならばその心配はありません。

次にホワイトニングについてですが、患者様の歯並びにあったトレー(マウスピース)をつくり、家でそのトレーに薬剤を入れ装着してもらう方法と、クリニックで漂白の薬を歯に塗って光を当てる方法があります。当クリニックでは前者の方法を行っています。漂白の期間はカレーやコーヒーといった着色しやすい飲食物は控えていただくことになります。

インプラント

従来の入れ歯/インプラントインプラントとは歯を喪失した顎の骨に人工の歯根を植え込み、その上に差し歯を作ることで噛めるようにする方法です。これまで歯を失うと入れ歯やブリッジという方法を選ばざるを得ませんでしたが、インプラントはそれらの短所を克服した方法といえるでしょう。つまり入れ歯だと欠損した歯の数が多ければ多いほど不安定ですし、バネのかかった歯にも負担がかかります。ブリッジだと隣接する健康な歯まで削らねばならないこともあるでしょう。
インプラントは失った部分に植え込みますので健康な歯を削ったり、バネをかけて負担をかけたりすることはありません。

インプラント

診療時間

【月・火・水・金曜日】
9:00〜18:30
(受付18:00まで)

【木曜日】
11:00〜20:00
(受付19:30まで)

【土曜日】
9:00〜13:00
(受付12:30まで)

インフォメーション

〒849-0201
佐賀県佐賀市
久保田町徳万2100-16

TEL 0952-68-5230
FAX 0952-68-5231

▲このページのトップに戻る